経営改善指導員

経営改善指導員審査会認定制度

(経営改善指導員の認定)

下記の者は、申請により経営改善指導員審査会が審査し、合格者に「日本戦略経営学会認定経営改善指導員」の称号を付与します。

イ.経済学博士・経営学博士・商学博士の学位を有し、実務経験1年以上の者
ロ.学士号を有し、公認会計士・税理士・行政書士・中小企業診断士・社会保険労務士・経営士として登録5年以上の者
ハ.公認会計士・税理士・行政書士・中小企業診断士・社会保険労務士・経営士等として登録10年以上の者
ニ.「経営改善指導員」認定試験に合格した者
ホ.前各号と同等の技量を有すると経営改善指導員審査会が認めた者

※ 当認定制度における経営士等とは、社団法人日本経営士会会員、社団法人
全日本能率連盟登録マネジメントコンサルタント資格者を指す。
※ 認定申請には当会指定の学会に入会することを要す。